ディズニー・アート展《いのちを吹き込む魔法》

2017.4.8(sat)〜9.24(sun)日本科学未来館企画展示ゾーン[東京・お台場]

現在の待ち時間

手数料¥0《公式オンラインチケット》日テレゼロチケ

ミッキーマウスの誕生から最新作『モアナと伝説の海』まで約90年分の原画が出展、そのほとんどが日本初上陸!

「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」では、ディズニー・アニメーション・リサーチ・ライブラリーのキュレーターが厳選した約500点の原画が出展されます。日本でディズニー作品についての展覧会は過去2回開催されましたが、初期のミッキーマウスから、最新作までが一堂に展示されるのは、初の試みです。

「モアナと伝説の海」コンセプト・アート/リサ・キーン
「モアナと伝説の海」コンセプト・アート/リサ・キーン

数々の傑作を生み出した、ディズニー・アニメーションのイマジネーションとイノベーションを解説!

展示風景

ディズニーは表現を追求し、新しいテクノロジーを巧みに使い、まるで魔法がかかったような世界を創りだし、人々を魅了してきました。本展は、平面から空間的な表現、カラー、長編アニメーション映画、特殊効果の手法、2Dから3D、サラウンドシステム、複製技術、シミュレーション、モデリング、音楽、CG技術など、ディズニーが世に送り出してきた「イマジネーションとイノベーション」=「いのちを吹き込む魔法」の数々を、作品が生まれる瞬間の原画やアイデアスケッチなどの貴重な資料によって探るものです。ディズニーのアニメーション制作の「舞台裏」に足を運び、生き生きとした作品が生まれる瞬間をぜひ体験ください。
ここでもいくつかの魔法をご紹介します。

  • 視覚の魔法
  • 音の魔法
  • 自然の魔法

1928年(昭和3年)に描かれたミッキーマウスのデビュー作、 その貴重な原画が初登場!

『蒸気船ウィリー』原画/アブ・アイワークス
『蒸気船ウィリー』原画/アブ・アイワークス

ミッキーマウスの公式デビュー作は1928年に公開された『蒸気船ウィリー』です。じつはその少し前に、ミッキーマウスの真のデビュー作とも言うべき『プレーン・クレイジー』という作品が作られています。事情があり公開の順番は前後しましたが、この両作品の貴重な原画を、同時初公開します。とても90年近く前に描かれたとは思えない、鮮やかな鉛筆画のタッチをじっくりとご覧下さい。

視覚の魔法
マルチプレーン・カメラとは

マルチプレーン・カメラ撮影台

マルチプレーン・カメラ撮影台

ディズニー・スタジオが発明した革新的な撮影技術。たくさんのセル画をそれぞれ異なった距離に配置し、カメラを上部に固定。それぞれのセル画を異なるスピードで動かすことにより、立体ではない2次元の絵に、3次元的な奥行きや空間を加えた技術。今ではCGで簡単に再現できるものだが、80年前の「白雪姫」や「ピノキオ」で多く採用され、威力を発揮した。当時の「3D技術」といえる。

音の魔法
ファンタサウンド

1940年『ファンタジア』のためにアメリカのベル・テレフォン研究所と共同で開発した音響システムです。映像とは別に音響用光学式サウンドトラックフィルムを用意し、劇場で二つのフィルムを同期させて上映します。既に世界で初めてステレオ録音を行っていたレオポルド・ストコフスキーが指揮をし、フィラデルフィア管弦楽団が演奏。33本ものマイクを使用し、8チャンネルで録音されました。実際はそれを3チャンネルにミックスダウンしてフィルムに光学録音し、複数のスピーカーを使って上映されました。現在のサラウンド・システムの先駆けといえるでしょう。

自然の魔法

会場内では『アナと雪の女王』の雪と結晶が、どのようにCGで描かれたのか解説しています。アニメーターたちは、風、火、水、雪、髪の毛のように、極めて複雑な動きや構造をもつ対象を描くことに長年挑戦してきました。このような、リアリティと想像の美しさを兼ね備えた表現は、90年以上にわたりスタジオで研究され、積み重ねられてきた技によって実現しているのです。